家を貸したい方へ

ホーム 「マイホーム借上げ制度」とは

「マイホーム借上げ制度」とはマイホームを借り上げ、安定した賃料収入を保証します

一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(JTI)の「マイホーム借上げ制度」は、
シニアの皆さま(50歳以上)のマイホームを最長で終身にわたって借上げて転貸し、
安定した賃料収入を保証するものです。
これにより自宅を売却することなく、住みかえや老後の資金として活用することができます。

移住・住みかえ支援機構のしくみ

ー制度の特徴ー 住宅資産を売却することなく安全に活用できます

1.借り手がつかない時も最低賃料を保証。しかも終身まで借上げます。

制度を申し込み後、1人目の入居者が決定以降は、空室が発生しても規定の最低賃料を保証します(査定賃料下限の85%が目安)。
しかも終身にわたって借上げるので、安定した賃料収入が見込めます。

2.入居者とは3年定期借家契約 だから再び家に戻ることも可能。


3年毎に契約が終了する定期借家契約を活用しているため安心。賃借人が居座ったり、立ち退き料を請求されることはありません。3年の定期借家契約終了時に、マイホームに戻ることができますし、売却することもできます。

3.JTIが制度利用者に代わり責任を持って転貸します。


JTIが借上げて転貸するので、一般の賃貸のように家のオーナーが賃借人と直接関わることはありません。家賃の未払いなど、賃借人とのトラブルの心配は無用です。

4.万一に備え国の基金があるから安心

JTIの事業は、協賛企業等からの基金や転貸賃料と支払賃料との差額から生まれる収益により独立採算で運営しますが、万が一の場合に備え、国の予算において、(財)高齢者住宅財団に債務保証基金が設定されており、JTIは基金の登録事業者になっています。

5.賃料収入で自動返済するJTI提携ローンを利用することが可能です。

長く住んだ家はどんなに良い家でもそれなりに傷んでいるものです。そこで、借上げの際には建物調査を実施していただき、必要に応じて補強・改修をお願いします。
特に、耐震診断の結果、現在の耐震基準を満たさない場合は必ず補強工事を行っていただくことになります。

6.退職後のシニアからでも、JTI協賛金融機関でローンが利用できます

終身借上げの利点を生かし、賃料収入を担保にJTI協賛金融機関の提携ローンを下記の用途に限りご利用できます。

  • 移住・住み替え先の住宅購入、建築資金
  • 借上げ対象物件の既存住宅ローンの借り換え資金

※JTI提携金融機関の所定の審査の結果、ご要望に添えない場合がございますのでご了承ください。

7.ハウジングライフ(住生活)プランナー=HLPがサポート

子育て期が終わったあとの、新しい住まい方やマイホームの活用方法には、JTIの移住・住みかえ支援制度の利用以外にもさまざまな選択肢が考えられます。制度利用にあたっては、ハウジングライフ(住生活)プランナー=HLPやJTI職員が本制度のメリット・デメリットや他の選択肢に関する詳しい説明やカウンセリングをいたします。

ハウジングライフ(住生活)プランナー=HLPの資格と役割

(財)高齢者住宅財団が適当と認める、移住・住みかえに関連する様々な分野の講習を受講の後、考査に合格し、移住・住みかえ支援機構(JTI)に登録した者を指します。「マイホーム借上げ制度」の説明だけでなく、移住・住みかえ先の情報、住みかえ先の住宅、生活資金のプランニング、公的支援についてのアドバイス、現在の家の修繕・リフォームについてなど、移住・住みかえ全般に対するご相談に応じます。

  • 制度のご利用方法
  • 実例のご紹介
  • よくあるご質問
  • 各地域の相談窓口
  • 再起支援借上げ制度
  • 定期借地権特例
  • メールでのご相談 お問い合わせフォーム
  • お電話でのご相談 移住・住みかえ支援機構 03-5211-0757(受付時間:午前9時~午後5時(祝祭日を除く)
  • 各地域のJTI協賛事業者にご相談 各地域の相談窓口はこちら

このページの先頭へ戻る