家を貸したい方へ

ホーム 「マイホーム借上げ制度」年齢要件(50歳以上)の特例

「マイホーム借上げ制度」年齢要件(50歳以上)の特例

「マイホーム借上げ制度」は利用者を50歳以上の方とさせていただいていますが、
この要件を除外する特例制度をいくつか設けています。
急な減収で住宅ローンの返済に困っている、住宅が定期借地に建てられているなど、
以下の利用条件に当てはまる方は、50歳未満でも制度の利用が可能になります。
一度、JTIまでお問い合わせください。(諸条件により、適用外となる場合もあります)

特例名称 50歳未満でもご利用になれる条件/利用例
再起支援特例

急な減収などにより、住宅ローンの返済が厳しくなった方のための特例制度です。一時的にご両親の家などに転居していただいた上でJTIが家を借上げ、賃料収入をローン返済にあてます。経済状態が改善されて自主返済が可能になった時は、3年ごとの契約を更新しなければ、再びマイホームに住むことができます。

定期借地特例

定期借地に建てられた家に適用されます。定期借地の物件は売却が難しい場合がありますが、この特例制度を利用することにより、賃料収入という形で活用することができます。

海外転勤者向け特例

海外転勤者が対象となります。3年の定期借家契約となりますので、赴任期間が3年を超える方はご利用を検討してはいかがでしょうか。利用期間の賃料収入を住宅ローンの返済に充てる、という使い方もあります。

相続空き家特例

家を相続したものの、当面お住まいになる予定のない空き家オーナーが対象です。相続した空き家の有効活用にご利用ください。なお、制度利用申し込み時点で、すでに空き家であることが条件となります。

生前相続特例

親子で同居している家で、すでに名義が子供になっている場合に適用される特例制度です。住みかえの際には、所有者が50歳未満でも「マイホーム借上げ制度」のご利用が可能になります。

このページの先頭へ戻る

  • 「マイホーム借上げ制度」とは
  • 制度のご利用方法
  • 実例のご紹介
  • よくあるご質問
  • 各地域の相談窓口

このページの先頭へ戻る